2016年5月19日木曜日

第一回特別講義!(担当:木庭先生)

こんにちは!新M1の亀井です。
この度、自分含め新M1の4人が広報係に加わりました。
よろしくお願いします!

さて、今回は 5/10~12日に行われた集中講義(環境化学最前線入門第一)について
お話します。
担当講師として、京都大学生態学研究センターの木庭啓介教授にお越しいただきました!
木庭先生は、様々な生態系における窒素循環解析研究の第一人者であり、かつては、東工大に講師として在籍し、吉田・木庭研究室として本研究室とごいっしょに研究活動をなさっていたそうです (個人的には、高校の大先輩だとも知りとても驚きました。)。

講義は超ハードスケジュールで、2日目は5コマ連続という汗。なお、木庭先生にとってもハードスケジュールだったようで、お昼ごはんにお弁当2つも食べてらっしゃいました笑

講義内容は、物質循環を扱う上で、一般的な用語やトピック、(安定)同位体の話などの基礎的な内容に始まり、安定同位体比を用いた物質循環解析の基礎とケーススタディー、さらには、ご自身の最新の同位体比研究と非常に盛り沢山でした。

新人M1メンバーとしたは、学部時代の専門分野と異なるため、木庭先生の講義に関する基礎知識が乏しく、講義についていけるか不安な面もありましたが、限られた時間の中で、各スライドの内容を非常にわかりやすく説明していただき、終始楽しく受講できました。
なにより木庭先生の軽妙な語り口に引き込まれ、長時間の授業もあっという間と感じた学生も少なくなかったのではないでしょうか!(わたしもその1人)

個人的には、中国内蒙古の砂漠に生育する植物の養分水循環の話(特に、砂丘の上に生育する植物がはるか下にある地下水を吸収していたことを安定同位体比を用いた解析で明らかになった話には驚き!)や窒素同位体比が栄養段階の指標 となる話など、様々な安定同位体比の利用法が垣間見え面白いと感じつつ、木庭先生の実際の研究のお話しで、同位体比研究のハードな一面にも触れることができました。

                                                  ↑講義の様子(木庭先生)

また、授業コマ間の休憩時間にも関わらず、学生ひとりひとりの質問に丁寧にお答えしていた姿は非常に印象的でした。質問に関連した文献なども見せつつ説明してくださったので、とてもわかりやすかったです。

↑学生(吉田研M1 Fくん)が質問する様子

 最後に集合写真をパシャリ


 ん?あれ、なんか少ないような…(ザワザワ)

そうなんです! 完全に撮るタイミングを間違えました!最後の最後にやらかしました!
わたしのミスです。すみません…
(なんでちゃんと事前にアナウンスしなかったんだろあのときの自分…泣)


実際には、もっとたくさんの方(30名くらい?)が講義に出席してたんですよ?
参加していた学生の専門分野は様々(それでも応用化学系がほとんど?!)で、安定同位体ましてや環境化学の勉強がはじめて!な人も多かったように思います。

最後になりましたが、木庭先生、お忙しいところ貴重なお話しを誠にありがとうございました!
そして、参加された皆さまもおつかれさまでした。
写真に写りたかった方ごめんなさい…

次回の特別講義は、東京大学の高橋嘉夫先生をお招きして7月13、20、27日(全3回)を予定しています。そちらの様子もこのブログで報告するはずですのでお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、失礼します!

2016年4月11日月曜日

新入生歓迎会!

こんにちは!!
広報係の濱島です!!

今年の新入生全員が広報係を分担してくれるということで、テンションがものすごい上がっております!!!

さて、吉田グループでは4月1日に新入生歓迎会を行いました。
今年の新M1は4人です!
このブログにもその内登場してくれるでしょう(登場させます)

今年度も吉田グループブログをよろしくお願いします!!!

今回はこの辺で!

↑集合写真(HPのトップ絵もこれにしました!!)

2016年4月5日火曜日

追いコン!!

お久しぶりです!
吉田グループ広報係の濱島です!!
新年度に入ってしまいましたが、今回の記事は昨年度の追いコンについてです


吉田グループでは3月28日に卒業生の追いコンを行いました!!
1年間お世話になった先輩方に笑顔で吉田グループを卒業してもらえたので、良かったと思います。


↑集合写真

就職された先輩方はこれから社会人として頑張ってください!!
吉田グループに残る先輩方はこれからもよろしくお願いします!!

今回はこの辺で
すぐに歓迎会の記事を書きます!!

2016年2月18日木曜日

化学環境学専攻慰労会!

皆さんこんにちは!
広報係の濱島です。

2月16日に化学環境学専攻の専攻慰労会がありました。
当研究室では2つの表彰を受けました!!

1つは平成27年度 化学環境学専攻 優秀修士論文賞
受賞したのは・・・石野さんです!!


 ↑石野さん、受賞記念の杯

修士論文題目:Seasonal variations of triple oxygen isotopic compositions of atmospheric sulfate and nitrate in coastal Antarctica
(南極沿岸部における大気中の硫酸・硝酸の三酸素同位体組成の季節変動解析)

とってもめでたいですね!
なお、今年度の修士論文を英語で執筆なさっていたのは、石野さんと同じく吉田・山田研のKさんだけだったそうです (注 英語での修論執筆は決して義務ではありませんよ)。

もう1つは・・・野球大会優勝です!!



↑吉田グループ歓喜の瞬間 (左からM2 Hさん、Tさん そして吉田専攻長)


吉田先生が吉田研の人に渡すというのに違和感を持ったのは私だけでしょうか(笑)
ともあれ、化学環境学専攻という名前は今年で最後なので、負けることがないチャンピオンになりました!

吉田先生もとっても嬉しそうでした。

修士2年の先輩方9名のうち、2名が博士進学、7名は今年度末で就職で吉田グループを離れます。寂しくなりますが、最後までよろしくお願いします!
実験室の片付けや引き継ぎちゃんとやりましょうね!!

それでは今回はこの辺で!!! 


PS: この記事は助教の服部さんに編集されてしまいました・・
服部さんが書いたと思われる箇所を探してみて下さい!!

2016年1月19日火曜日

野球大会決勝戦!!

お久しぶりです!!
広報係の濱島です
本日1月19日は、横浜スタジアムで化学環境学専攻内研究室対抗野球大会の決勝戦がありました!!

 ↑晴天のハマスタ

相手は穐田・吉沢研、予選リーグでは吉田研が敗北したチームです。
今度は勝つぞと気合を入れて挑んだ結果・・・

優勝しました!!!


↑スコアボード

エースゆうまの活躍が光った試合でした。
投げては強打者が並ぶ打線に対して、6回2失点
打っては先制の2点タイムリーヒット!!!
素晴らしいですね

又、女子がホームインすると2得点という特別ルールのため、石野さんが3打席で4得点をあげるという離れ業をやってのけました!これぞリードオフマン!!!!

↑エースゆうま


参加された皆さんは、朝早くからお疲れさまでした。

↑集合写真


それではまた!!

2015年9月24日木曜日

2015年度日本地球化学会年会

916-18日に、横浜国立大学において標記の学会が行われました。この学会は、化学を用いて太陽系、地球の内部・表層の物質とその進化や循環を調べたり、生命の誕生と進化などを調べたりしている研究者・学生の集まる学会です。吉田先生は2012-2013年度に会長を務められています。
400人余りの参加者が19のセッションに分かれて発表、討論を行いました。吉田グループからは、5名が発表しました。吉田グループOBの方々も多数参加しており、吉田先生も喜んで歓談されていました。
初日はM2の松嶋君が、「北太平洋亜寒帯域における亜硝酸塩同位体比を用いたN2O生成過程の解析」と題してポスター発表を行いました。直前に亜硝酸の同位体データが出て、前日夜までがんばって準備をしたかいがあり、多くの人が見に来てくださり、有意義な議論ができたようです。また、豊田は「種々の大気試料中N2Oisotopocule比測定用自動前処理装置の開発」と題した口頭発表を行いました。
二日目は、M2の亀崎君が「硫化カルボニル微生物分解時の硫黄同位体分別とその大気化学への応用」と題した口頭発表を行いました。初めてとは思えない落ち着いた発表で、質問にも的確に答えていました。彼は博士課程進学予定なので、今後の研究にきっと役立つ経験ができたことでしょう。
またM2の石野さんは「酸素同位体異常(D17O)を指標とした南極大気中硫酸の生成過程の季節変動解析」と題してポスター発表を行いました。現在だけでなく過去の環境の解析にも使える技術とその適用例ということで、さまざまな分野の人と活発な議論ができていたようです。
助教の服部さんは「硫酸・硝酸の酸素同位体異常(D17O):ハイスループット自動分析とその応用」と題して口頭発表を行いました。亀崎君や石野さんの研究をさりげなく(?)紹介しながら、開発した自動分析システムの利点をPRできました。服部さんは、さらに、今年度の日本地球化学会奨励賞を受賞しました。



この賞は「地球化学の進歩に寄与するすぐれた研究をなし,なお将来の発展を期待しうる本会会員。満35才未満」に送られる賞です。吉田グループ関係者では吉川知里さん(現・JAMSTEC)に続く2人目の受賞となりました。受賞記念講演では、地球化学や学会への愛情も熱く語っていました。おめでとうございます。


学会期間中、20179月に吉田先生を実行委員長として、大岡山キャンパスでこの年会が開かれることが決まりました。運営を成功させるだけでなく、本研究グループからますます多くの研究成果が発表され、高い評価を受けられるよう、皆で頑張りましょう。

文筆 豊田

2015年9月6日日曜日

吉田先生の誕生日!!

こんにちは!
広報係の濱島です

9月4日は吉田先生のn回目の誕生日だったのでお祝いをしました!!

↑誕生日ケーキ

このろうそくの立て方でnを推測してみて下さい(笑)

ケーキはメンバーでおいしくいただきました!
改めてこの研究室にはたくさんの人がいると思いました

これからもバリバリ現役で頑張ってください!!!


 ↑突然の誕生日会に驚く吉田先生

 ↑全員集合する前の集合写真(笑)

↑ろうそくを吹き消そうとする吉田先生